体温を上げて痩せる!

「ヒートショックプロテイン」が増えれば増えるほど、体温や代謝も上昇し、ダイエットやプチ不調解消にも役立つ理由や、その方法を解説していきます。

サイトトップ > 「ヒートショックプロテイン」とは?

スポンサードリンク

体温を上げて痩せる!

「ヒートショックプロテイン」とは?


ヒートショックプロテイン(HSP)とは、私達の身体に熱が加わった時、その熱から身体を防御しようとして作られる特殊なタンパク質のことです。


このプロテインが熱だけでなく、身体に対するあらゆるストレスにも対応し、傷ついた細胞を修復してくれる働きを持っています。そしてその「熱ストレス」がヒートショックプロテイン(HSP)を最も多く増加させる要因となります。


つまり、ヒートショックプロテイン(HSP)が増加する事によって、感染・疲労などで傷ついた細胞を修復したり、ガンや病原菌を攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞の活動を活発にしたりして、免疫力を高めてくれるので、ガンなど様々な病気の治療の他、スポーツトレーニングや美容に応用、バイオ科学の観点から植物の生育に応用されるなど、ヒートショックプロテイン(HSP)は、各方面から、注目を集めています。


ヒートショックプロテインを増やすには、42度程度の加温で効果があります。ただ身体の深部から温める必要があるので、サウナ、岩盤浴、ゲルマニウム温浴等が効果的とされています。


肌の細胞に本来備わっているタンパク質で、紫外線や有害物質から保護しダメージを受けた細胞の修復をします。同時に角質層の新陳代謝を正常化させ、衰えた代謝を活発化しコラーゲンの合成を促進している物質なので、化粧品などの美容にも取り入れられています。ヒートショックプロテインが増える事により、代謝が活発になり、脂肪が燃焼される事から、ダイエットにも効果があるといいます。


体温を上げて痩せる!

MENU



スポンサードリンク