体温を上げて痩せる!

「ヒートショックプロテイン」が増えれば増えるほど、体温や代謝も上昇し、ダイエットやプチ不調解消にも役立つ理由や、その方法を解説していきます。

サイトトップ > 加温生活で「ヒートショックプロテイン」を増やす!

スポンサードリンク

体温を上げて痩せる!

加温生活で「ヒートショックプロテイン」を増やす!


『加温生活』の著書であり、20年以上にわたり「ヒートショックプロテイン」を研究し続けている伊藤要子医学博士によると、最も効率的・安全な熱によって「ヒートショックプロテイン」を増やす方法は、お風呂とのこと。


「ヒートショックプロテイン」の増量を促す温度は40〜42度とマイルドなので、私たちが毎日入るお風呂の温度とちょうど同じくらい。つまり、お風呂を上手に利用すれば、手軽・簡単に「ヒートショックプロテイン」を増やすことができ、体温&代謝も上昇し、体調も良好になるというわけです。


続いて「ヒートショックプロテイン」を増やす入浴法をご紹介します。毎日のお風呂タイムを1週間に2回、これからご紹介する入浴法に変えるだけで、「ヒートショックプロテイン」を増やすことが可能になります。ちょっと熱めのお湯42度に10分間入る方法が効果的ですが、10分続けて入浴できない場合は、湯船に約1分立って、また湯船につかるなどを繰り返し、合計で10分入浴する方法でもOK。


また、40度では20分、41度では15分の入浴法でも「ヒートショックプロテイン」を増やすことが可能です。入浴の際は、お風呂のふたを首元まで覆って入浴することで、お湯の温度を下げずにすることができます。


また、入浴後はタオルやガウンなどで体温が下がらないように10〜20分保温し、体を冷やさないことも大事。さらに水分補給(常温)も忘れずに。*後期高齢者、高血圧、疾患のある方は避けましょう。


体温を上げて痩せる!

MENU



スポンサードリンク